ライフ

巷で有名な寸借詐欺から身を守る方法

こんにちは、みぽりんです。
今回は今までの記事とがらっと変わった記事を書きたいと思います。
巷で有名な寸借詐欺についてです。
みなさまの中に寸借詐欺に遭遇あるいは危うく逃れた方はいますか?
私的観点で寸借詐欺から身を守る方法について紹介していきます。

寸借詐欺とは

寸借詐欺(すんしゃくさぎ)とは、代表的な詐欺のひとつで、人の善意につけこみ小額の現金を借りるふりをして、騙し取る行為を指す。ー Wikipedia より引用
以下今日Twitterで見た寸借詐欺についての声です。
まとめはこちら→https://t.co/nRGLlx0zeF

ざっと新宿で寸借詐欺の常習犯がいるみたいですね。
ネットの声は賛否(?)両論です。
人の善意につけこんだ悪質なものだと思います。

しかし、少し行動をおこしたりすることで防げるものはあったのではないでしょうか?
「被害者側にも落ち度があった。」という意見にも同感します。

これから自分なりの詐欺からの防御策を掲示していきたいと思います。

普通の人間はよほどのことがない限り、他人には話しかけない。

これに尽きます。
例えば電車。長椅子に座ってて「あなたかわいいですね。」といきなり言ってくる人がいたらどうしますか?
警戒して逃げたくなりませんか?(私は逃げます。)
私は小学校の時、おじさんに電車内で話しかけられ、泣かされたことがあります。(近くのおばちゃんが助けてくれた。)
あとは宗教の勧誘とかされたこともあります。笑

まー、似たようなものといえばナンパとかも同じ部類ですね。
(ナンパされて喜んでる女性たち、あなたたちは体が狙われているだけですよ。)

宗教の勧誘、性行為へのいざない、ぶっちゃけ必要ないじゃないですか、こちら側からしたら。
そういうので話しかけてくるやつってまともな人間はいないんです。すべて自分の欲です。
今回の詐欺は金、あわよくば女性の体を触れればという目的でしています。
そういう人たちは自分をいい人そうに見立てる、今回では弱い立場にあえてたつ、こちら側の心にすっと入るような身振りをしてくるんです。(仲良くなれそう、まともそう、かわいそう、助けてあげないとなどの気持ちにさせてくる。)

よほどのことがない限り、と書きました。
普通の人間は誰かが物落としたりしたときにちゃんと拾うだけをしてあげる。
道を尋ねたら言われた通りに(自身で)目的地に向かってみる。その場でちゃんと関係を終わらせる人間です。
私が小学生の時、おじさんに道を聞かれ「一緒についてきてほしい。」と言われ、一緒についていったら殺された?誘拐された?という事件がありました。やはり目的以外に尾ひれのつくような人間は何か裏があるということです。

とりあえず、お金貸してくださいなんて言う人間は100%普通な人間じゃないんで、そこはなんとか逃げてください。まともな人間は他人に迷惑かけずに目的地にいく方法を考えたりするでしょうし。苦笑

まったくの他人に親切心をもたないようにする。

実は私も寸借詐欺をされそうになったことがあります。

打つのめんどくさかったので自分のツイート引用しました。苦笑
あのとき、本当にかわいそうの「か」も出ませんでした。お金をもっているもっていないは自己責任なんでね。
500円も他人に使うお金があるなら自分のお昼に使いますし。
マクドいったらチーズバーガーセット食べれるますよね!!!

きつい書き方をしましたが、これぐらいの勢いで行動しないといけません。
何かあったときに「あの時、見知らぬ人にお金貸さんかったらよかった。」って思いをしたくないでしょう?

お金を要求されたら警察にすぐに連絡する。

そういう人たちは警察にお世話してもらうのが一番です。
見た目が弱そうな人にしか話しかけないし、通報しないだろうと思ってるので警察の名前出すだけで十分だと思います。
お金を要求されたわけではありませんが、過去に自宅付近でしつこくついてきた男に「警察呼びますけど?」って言いながら目の前で「110」(のみ)押したらすぐに逃げました。

今回の詐欺は障がい者を盾にしてますね。言いにくいですね。たぶんパターンも様々で、警察も対応しきれない場合もあるかと思います。
でも他人にお金を要求するのは間違ってます。
優しい人は気を付けたほうがいいと思います。心を鬼にしてください。

まとめ

世の中、物騒になってきています。自分の身は自分で守るしかありません。
こういう詐欺の被害者が増えないようにとこの記事を書きました。
くれぐれも巻き込まれないように気を付けてください。